犬の抜け毛対策は何がある?家中毛だらけにしないために

犬を飼っているとどうしても気になる抜け毛の問題、どうしたら犬の抜け毛を抑えることができるのでしょうか。我々人間も抜け毛が発生するように、犬の抜け毛も0に抑えることはできません。しかし、きちんと対策すれば少なくとも家中に毛が舞い上がることもなくなります。

犬の抜け毛対策として何ができるのか、その点を考えてみましょう。


換毛期には要注意

抜け毛対策をするなら知っておかなければならないのが、換毛期の存在です。換毛期とは、春と秋という季節の変わり目にゴッソリ毛が生え変わることで体温調節を最適化する時期です。換毛期という言葉を知らなくても、春と秋に犬の抜け毛が増えている、という認識を持っている飼い主も多いでしょう。

例え室内飼いであったとしても、この換毛期は避けられません。ただし、全ての犬種に換毛期があるわけではありません。換毛期はアンダーコートと呼ばれる内側の毛が生え変わることを指しますが、アンダーコートのない犬種も存在するのです。

具体的には、トイプードルやパピヨン、マルチーズなどが該当します。これら犬種はシングルコートと呼ばれ、一見フサフサの毛を持っているように見える犬種もシングルコートの場合があります。とはいえ、全く抜け毛がないわけではないので、普段からブラッシングなど毛の手入れを入念にしてあげることが大切です。

ブラッシングは抜け毛対策の基本

抜け毛対策の基本中の基本となるのがブラッシングです。コームを使ったブラッシングなど、専用器具を用いて生え変わった毛を取り除いていきます。ブラッシング中は毛が落ちることも考えられるので、お風呂場などすぐに対処できる場所や、近くに掃除機を用意するなどして抜け毛処理してあげるとよいでしょう。

また、ブラッシングは毎日行うことが大切です。特に、換毛期は想像以上に毛の生え変わるスピードが早く、数日空けてしまうとまたゴッソリ抜け毛が発生しかねません。処理が面倒かもしれませんが、今はブラッシングした毛を掃除機のように収納してくれるブラシなど様々な便利グッズが発売されています。

そうしたグッズの力も頼りながらブラッシングを行えば、そこまでの負担にはならないでしょう。

ブラッシングはコミュニケーションにもなる

ブラッシングは抜け毛対策以外にも、様々なメリットのある方法です。例えば、飼い主とのコミュニケーションを取れる時間にもなるため、愛犬との距離をより密接に近づけることができます。中でも、子犬の頃から徐々にブラッシングを慣れさせていれば、成犬になってからもブラッシング大好きに育ちます。

その他にも、犬を清潔に保つ働きが期待できます。ノミやダニが発生していないか簡単に確認できますし、ブラッシングをかけることでマッサージ効果も期待できます。抜け毛予防としてブラッシングは大切ですが、それと同じくらいいくつものメリットがある大切な時間なのです。

犬用の服を着せる

犬用の服はオシャレだけでなく、抜け毛対策としても使われます。愛犬のサイズに合った服を着せてあげることで、家中に抜け毛が落ちる事態を防げます。オシャレではなく抜け毛対策を第一に考えるのであれば、なるべく体全体を覆えるような服がおすすめです。

ただし、この犬用の服は抜け毛を処理できたことにはなりません。

服の内側には本来換毛期に入り抜けるはずだった毛が大量に残っていますし、あくまでブラッシング前に抜け毛が増えないようにするための対策です。服だけで対応した気にならず、ブラッシングやシャンプーなどきちんとした抜け毛対策も並行して行うことが重要になるでしょう。

換毛期は掃除機以外も使う

換毛期は掃除機を使用する頻度も多くなりますが、掃除機だけで抜け毛対策を行うのは至難の業です。床に落ちている抜け毛も全て吸い取ることはできませんし、ソファなど家具に付着した抜け毛は取れません。フローリングワイパーなども使いながら、いつもより入念に掃除を行うようにしましょう。

また、必要のない家具を一旦しまうのも効果的です。特に布地の家具やグッズは抜け毛が付着しやすく、毛が家中に舞う原因になりかねません。使わない座椅子などがあれば一先ず収納してしまい、また抜け毛が落ち着き始めたら出しましょう。

シャワーで抜け毛対策

シャワーを定期的にかけて抜け毛を落とす方法もあります。シャワーを怖がる犬も多いものの、そうでない場合は有効な手段と言えるでしょう。ただし、本来犬にとってシャワーは必要ありません。汚れを落とす目的では効果的ですが、室内飼いの場合そう汚れることもないでしょう。

そのため、毎日シャワーを使って綺麗にすることはおすすめできません。あくまで1~2週間に1度程度に抑えておき、清潔な状態を保ちましょう。また、シャワー時には人間用のシャンプーではなく、きちんと犬用のシャンプーを使用します。

人間の皮膚用に作られたシャンプーは当然犬との相性が良くありません。

「抜け毛対策のサプリメントはiherbでお得に購入しよう」

カットは必要なのか

抜け毛対策の一環として、犬の毛をカットしてあげている方もいるかもしれません。特に、夏場の暑さ対策として、必要なさそうな毛をカットしている犬は珍しくありません。しかし、抜け毛とカットは別物です。毛をカットしても抜け毛が減ることはありませんし、オシャレとしてカットするにしても程々に留めておきましょう。

とはいえ、全く無意味というわけでもなく、ブラッシングの際よりアンダーコートにブラシが届きやすくなる利点もあります。必要以上にカットする必要はありませんが、毛の長い犬種に対してブラッシングしやすいようカットするのは選択肢の一つとしてありえます。

抜け毛対策が必要になる目安

抜け毛自体はオールシーズン発生するものの、いつから本格的な抜け毛対策を始めたらよいのでしょうか。抜け毛対策が必要なサインとしては、綿毛ができ始めたら要注意です。綿毛はアンダーコートが表面に出てきている状態で、ブラッシングしておかないと一気に毛が舞い落ちる事態になりかねません。

また、基本的に換毛期は春と秋が対象となりますが、最近の室内犬は冷暖房などで少しリズムが変わっていることも考えられます。基本的には従来の換毛期を想定すれば問題ありませんが、時には換毛期のタイミングがズレることもあると覚えておきましょう。

大変に思われるかもしれませんが、ブラッシングを毎日かけておけば大丈夫です。ブラッシングは常に行うようにして、清潔な室内を保ちましょう。